業界最安値!交渉次第で他の携帯ショップ以上のキャッシュバック額に!

2014年07月10日

枠が空いてないときに「切断型MNP」で回線交換するテクニック!一番効率的な方法とは?



枠が空いてないときに「切断型MNP」で回線交換するテクニック!一番効率的な方法とは?

キャリアでは音声契約が5回線までと決められています。
そのため、5回線の枠が埋まっていると新たにMNPで入っていくことができません。
例えばAUとドコモで5回線ずつ埋まっていると、身動きがとれなくなります。

そんなときに使うテクニックが「切断型MNP」で回線交換。
切断型MNPをするとその場で回線が解約扱いになるため、枠を空けることができるんです。
翌日から枠が空くため、その空いた枠に他キャリアからMNPして持ってくればOK。
回線の交換ができちゃうんです。

このとき注意しないといけないのが、枠が空くのが「翌日」からであるということ。
「当日」にMNPすることはできません。

つまり案件を見つけてから「切断型MNP」をするのでは遅いのです。

少なくとも前日には「MNP番号」を発行しておかないといけない。
ドコモとAUで回線交換したいなら、どちらのキャリアを優先させてMNPしたいかということを考えた上で「切断型MNP番号」を発行します。

ドコモとAUの案件を比べて「AU」を優先させたいと思った場合は「AUショップ」でAUの切断型MNP番号を発行します。そしてドコモでは普通にMNP番号を発行。
これでドコモ→AUへのMNPが優先できます。

優先させたい案件のあるキャリアのほうを「切断型MNP番号発行する」ということを頭に入れておきましょう!




posted by 携帯MNP徹底攻略 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯乞食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック