業界最安値!交渉次第で他の携帯ショップ以上のキャッシュバック額に!

2014年10月07日

SIMフリーiPhone6を転売するときに気をつけること!開封してしまうと価値が下がる罠!?



SIMフリーiPhone6を転売するときに気をつけること!開封してしまうと価値が下がる罠!?

iPhone6のSIMフリー版が高値で取引されてます。
が、このSIMフリーiPhone6、未開封であることが条件になっていたりします。

未開封ということは、電源を入れていないということだけではありません。
ビニール袋から出していないことです。

そんなことわからないじゃん・・・と思うかもしれませんが、電源を入れるとわかります。

せっかく購入できたので、ちょっと電源入れて触ってから売ろうかなと考えていると、それは厳密に言うと中古扱いになっちゃうんですよね。

他の端末をコリアンとかで売るときはそこまで厳しい審査がないのですが、SIMフリーiPhone6では、携帯ショップを媒介していないため、人の手に触れていないことが当たり前になっています。
なので「未開封」であることが重要なのですね。

これから発売されるiPadなどにも言えることですが、転売目的なら中身は触らずに「未開封」のままにしておいたほうが良いです。

「新品」と「未開封新品」の意味は違ったんですね!



posted by 携帯MNP徹底攻略 at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック