業界最安値!交渉次第で他の携帯ショップ以上のキャッシュバック額に!

2016年03月25日

総務省問題を1から振り返ってみる!活路はあるのか抜け道はあるのか可能性を探ってみた!



総務省問題を1から振り返ってみる!活路はあるのか抜け道はあるのか可能性を探ってみた!

2月以降大幅にキャッシュバックが減ってしまい案件が少なくなってしまいました。
実際にはこっそりやっているところもありますが、それでも少ないですね。
そこで、いわゆる総務省問題について考えてみました。

1,事の発端は?
そもそも最初は「家庭で払っている通信費・ケータイの料金が高い」という話からはじまりました。
で、政府からキャリアへ「ケータイ料金を下げるべき」という意見があったのです。

2,キャリアの反乱
もちろんドコモAUソフトバンクは反論しました。
「海外に比べて日本のケータイ料金は高くない」と。
本当にその通りで海外に比べても日本の通信費は高くありません。標準です。

3,キャッシュバック規制へ
総務省は「過度なキャッシュバック」を規制しました。正確には圧力をかけてる感じですね。

ここまでで何か気づきませんか?

そう、「ケータイ料金を下げる=キャッシュバック規制」というのは論理的におかしいんです。

絶対何か裏があります。

誰かが得して儲けているのでしょうね?

そこら辺に活路がありそうなのですが、どう動けば良いのかわからずにいるのが現状です・・・。



posted by 携帯MNP徹底攻略 at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯乞食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック