業界最安値!交渉次第で他の携帯ショップ以上のキャッシュバック額に!

2015年05月13日

[追記]リスクあり!最安でMNP弾を作る方法はドコモの2in1のBナンバー!どこまでやると危険なのか調べて見た!

リスクあり!最安でMNP弾を作る方法はドコモの2in1のBナンバー!どこまでやると危険なのか調べて見た!

この方法は危険です。
なのでできればやらないほうがいいです。

と、最初に断っておきます。

ドコモで2in1を契約し、ひとつの回線で番号を2つに増殖させます。
そして、AナンバーとBナンバーができあがった後、BナンバーのほうをMNP弾として利用する方法です。

これだと格安でMNP弾が作れてしまうのですが、即解約ほど危険はないとはいえ、やりすぎると当然ブラックリスト行きです。

どれくらいの頻度だとブラックリストに載ってしまうのか。

長期回線の有無や家族回線の有無が関係してきますが、基本的には年一回が限界。
年一回までならBナンバーMNPはやっても大丈夫というのが定説のようです。

ですが、年一回であったとしても、常に半年でMNPを回しているような人は危険という話もあります。

ドコモでブラックリストに載ってしまうと、いろいろ大変ですので、十分注意してほしい方法です!


posted by 携帯MNP徹底攻略 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | MNP弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

いかに安く安全なMNP弾を仕込むか、「早い、安い、安全」を基準に考えてみた!

いかに安く安全なMNP弾を仕込むか、「早い、安い、安全」を基準に考えてみた!

MNPをしようと思っても、MNP元になる回線がなくてはどうにもなりません。
なので無理にでも作ってMNPしようというのがMNP弾。

このMNP弾、作り方はたくさんありますが、どれがよいのでしょうか。
早い・安い・安全の3点を基準に考えてみました。

・早い
即日作って即MNP転出できること
・安い
MNP弾を作る費用が安いこと
・安全
大手キャリアでブラックリスト入りする可能性がないこと

3点そろってバランスが良いのはやっぱり、Bモバイルのスマホ電話SIMだと思います。
コストは16000円くらい、期間は一週間ほど、ブラックリストの心配なし、となってます。



これですね。

他にも最近ではワイモバイルのNexus5とかもあります。
半年維持する必要があることと、それなりに維持費がかかりますが、上手く契約すればキャッシュバックと端末価値で元が取れますので、上級者にはおすすめだったりします。手間はかかりますけどね。



posted by 携帯MNP徹底攻略 at 11:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | MNP弾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする